フレームワーク

【全業種対応】事業のコンセプトの作り方|テンプレートを埋めるだけでOK!

新規事業のプレゼンで、「それって一言で言うとどういうサービスなの?」と聞かれるとドキッとしますね。

その問いに答えられないのは、事業のコンセプトが固まっていないからです。ですが、事業のコンセプトを作るのは、非常に抽象的で難しい仕事です。

この記事では、たった数行のテンプレートから事業コンセプトを作る方法を紹介します。あれこれ考えずとも、これだけ用意すればOKです。

新規事業を担当する人は、マストで押さえておきましょう!

事業コンセプトの作り方

事業のコンセプトは、次のエレベーターピッチのテンプレートを埋めればOKです。

エレベータピッチとは、偉い人とエレベーターに乗っている30秒間程でする短いプレゼンのことです。

私たちは、【〇〇(対象ユーザー)】【〇〇(対象ユーザーが抱えている課題やニーズ)】を解決したい(または満たしたい)。

この【〇〇(プロダクト名)】というプロダクトには、【〇〇(重要な利点、対価に見合う説得力のある理由)】という価値をユーザーに提供することができる。

【〇〇(代替手段の最右翼)】とは違い、【〇〇(差別化の決定的な特徴)】が備わっている。

〇〇(プロダクト名)は、【〇〇業界の△△】である。

「これを作れば良いだけならカンタンじゃん!」と思いますよね。

実際にやってみるとわかりますが、この文章を作るためは、ビジネスの真に迫る問いに答えていく必要があります。非常に頭を使う作業です。

それを短く言語化するのも一苦労です。もやもやしている考えを整理して、たくさんある言いたいことの中から、一番大事なことだけを抽出するのはとても大変なのです。

逆に言えば、このエレベーターピッチが埋まらない、もしくは、簡潔に表現できないのであれば、まだ事業コンセプトの磨き込みが足りないことになります。

とはいえ、これさえ埋めれば良いと思うと、気持ちは楽になりますよね。

事業コンセプトの出来が甘いとどうなるの?

事業コンセプトが甘いと、次の弊害が出てきます。

事業コンセプトが甘いと起きる弊害

  • チームの意識がバラバラになって、同じ方向に進んでいるようで、全く別のことを考えるようになる
  • プロダクトを開発するエンジニアが、どのように作ればいいかイメージできない
  • マーケティング担当が、どういう謳い文句で売り出せばいいかわからない
  • できたプロダクトを誰も使ってくれない

あとでとても辛い想いをする前に、サービス企画段階で必ず事業コンセプトを用意しましょう。

事業コンセプト作成のポイント

テンプレートの中身についても解説していきます。

「誰」の「どんな悩み」を解決するか

私たちは、【〇〇(対象ユーザー)】【〇〇(対象ユーザーが抱えている課題やニーズ)】を解決したい(または満たしたい)。

この【〇〇(プロダクト名)】というプロダクトには、【〇〇(重要な利点、対価に見合う説得力のある理由)】という価値をユーザーに提供することができる。

【〇〇(代替手段の最右翼)】とは違い、【〇〇(差別化の決定的な特徴)】が備わっている。

〇〇(プロダクト名)は、【〇〇業界の△△】である。

対象ユーザー

よくターゲットユーザーを聞くと、「あらゆる全ての人に使って欲しい!」と答える人がいます。将来の野望としては構いませんが、初手の考え方としてはアウトです。

「全ての人がターゲット」とは、「ターゲットユーザーがいない」ことと同義です。まずはそのプロダクトが2〜3年で市場のトップに立てるであろう規模感に、ターゲットを絞りましょう。

対象ユーザーが抱えている課題やニーズ

そのターゲットユーザーが「お金を払ってでも解決したい悩みは何であるか?」を明らかにしましょう

ビジネスの本質は、「誰かの課題を解決し、その対価を貰うこと」です。課題がなければ、ビジネスは成立しません。

このプロダクトの「コアバリュー」は何か

私たちは、【〇〇(対象ユーザー)】の【〇〇(対象ユーザーが抱えている課題やニーズ)】を解決したい(または満たしたい)。

この【〇〇(プロダクト名)】というプロダクトには、【〇〇(重要な利点、対価に見合う説得力のある理由)】という価値をユーザーに提供することができる。

【〇〇(代替手段の最右翼)】とは違い、【〇〇(差別化の決定的な特徴)】が備わっている。

〇〇(プロダクト名)は、【〇〇業界の△△】である。

プロダクト名

プロダクト名は、このコアバリューにちなんだ名前がつくことが多いです。

プロダクト名は後から変わることも往々にしてありますが、この段階でも名前はつけておいたほうがいいです。名前をつけることでプロダクトに命が吹き込まれ、チームの想いも強くなります。

あとは、単純に呼び名があったほうが何かと便利です。

重要な利点、対価に見合う説得力のある理由

「重要な利点、対価に見合う説得力のある理由」とは、顧客がわざわざこのプロダクトに対価を払いたいと思う理由です。

言い換えれば、課題を持っているユーザーが、このプロダクトを使った後に、どんなハッピーな未来が訪れるか?ということです。このプロダクトの「コアバリュー」になります。

他社と何が違うのか

私たちは、【〇〇(対象ユーザー)】の【〇〇(対象ユーザーが抱えている課題やニーズ)】を解決したい(または満たしたい)。

この【〇〇(プロダクト名)】というプロダクトには、【〇〇(重要な利点、対価に見合う説得力のある理由)】という価値をユーザーに提供することができる。

【〇〇(代替手段の最右翼)】とは違い、【〇〇(差別化の決定的な特徴)】が備わっている。

〇〇(プロダクト名)は、【〇〇業界の△△】である。

代替手段の最右翼

代替手段とは、まだあなたのプロダクトが世の中にない状態で、ユーザーは自らの課題をどんな手段を使って解決しているか?ということです。

その手段の中で最も使われているのが、「代替手段の最右翼」です。

何かしらの手段は用いているが、それだけでは課題は解決されていないはずです。だから、あなたが考えているプロダクトが世に必要になるのです。

差別化の決定的な特徴

差別化とは、代替手段より、どの点が優れているか?ということです。

安いのか、早いのか、安心なのか、わかりやすいのか。そういった差別ポイントを見出しましょう。

他業界のどんな長所を持ち込んだか

私たちは、【〇〇(対象ユーザー)】の【〇〇(対象ユーザーが抱えている課題やニーズ)】を解決したい(または満たしたい)。

この【〇〇(プロダクト名)】というプロダクトには、【〇〇(重要な利点、対価に見合う説得力のある理由)】という価値をユーザーに提供することができる。

【〇〇(代替手段の最右翼)】とは違い、【〇〇(差別化の決定的な特徴)】が備わっている。

〇〇(プロダクト名)は、【〇〇業界の△△】である。

〇〇業界の△△(比喩)

このプロダクトを、別の業界のサービスに例えると何か?という比喩です。

新規事業は、新しいビジネスの「発明」ですが、発明は本当に何もない「0」の状態から湧き上がることはありません。他の分野から着想を得て、新しい概念を作ることがほとんどです。

発明とは「すでに存在する全く別のもの同士を組み合わせて作るもの」なのです。ビジネスも同様に、優れた新規事業のほとんどは、他の業界の良いところを上手く取り入れて出来上がっています。

ただ、どうしても例えようがない、全く新しいプロダクトを思いついてしまった場合は、無理して例えなくても大丈夫です。

オフィスグリコの例

オフィスグリコは、オフィスにお菓子の入った箱をおいて、社員がお金を入れてお菓子を買っていくビジネスです。

これは「富山の置き薬」と同じモデルです。つまりオフィスグリコは、「お菓子業界の富山の置き薬である」と例えることができます。

 

まとめ

今回は、新規事業のコンセプト決めに使えるテンプレートをご紹介しました。

事業のコンセプトが決まっていなければ、エンジニアやマーケッターを困らせるばかりでなく、プロダクト自体もユーザーに使ってもらえずに失敗します。

いざプロダクトを開発すれば、大変な時間とお金がかかります。それに比べれば、事業コンセプトを考えるくらい軽いものです。

後で取り返しのつかない事態にならないよう、きちんと事業コンセプトを作成してから、プロダクト開発へ進めるようにしましょう。

RELATED POST