社会人の教養

「帰納」と「演繹」の意味の違い|例文を使ってわかりやすく解説します

  • 「帰納」と「演繹」を覚えていますか?99%の人はその違いを忘れているのではないでしょうか?
  • 「そもそも何の話だっけ?」という人も多いはず。(むしろこっちの方が多いかも)

「帰納」と「演繹」は、ロジカルシンキングの基礎です。優秀なビジネスパーソンは必ず活用しています。

説得力のある提案には、それを支えるロジックが必要です。ロジックを組み立てるときに使える最もカンタンなテクニックが「帰納法」と「演繹法」です。

この記事では次のことがわかります。

  • 「帰納」と「演繹」とは何か?その違いとは?
  • ビジネスで差をつける「帰納」と「演繹」の活用方法

「あ、この人できる人だ」と思われるビジネスマンになるために、「帰納法」と「演繹法」をマスターしましょう!

「帰納」と「演繹」はどちらもロジカルに説明するための方法

人がロジカルに何かを説明しようとするとき、気づかなくても

  • 帰納法(きのうほう)
  • 演繹法(えんえきほう)

のどちらかを使って説明していることが多いです。

自分のアイデアを上司に承認させたり、営業で顧客に納得させたりするためには、ロジカルにその必要性を説かなければなりません。さもなければ、「それはただのあなたの考えでしょう?」と納得してもらえません。

帰納法と演繹法は、ロジカルシンキングの基本となっていますが、意識して使っている人はほとんどいないのではないでしょうか?

まずは、超カンタンに2つの違いを解説していきます。

例から学ぶ帰納法

帰納法は…同じような事象を複数見つけ、その共通点から結論を導く手法です。

イギリスの哲学者であるフランシス=ベーコン(1561~1626)が発展させた論理的思考法と言われています。

この説明だと漠然としていてわかりづらいので、例題を見ていきましょう。

帰納法による推論の例①

あなたはある実験をしました。

「りんご」と「トンカチ」と「本」を手に持って、ひとつずつ屋根の上から落としました。その結果、次のような発見がありました。

観測された事象

  • 1つ目:りんごは地面に落ちた
  • 2つ目:トンカチは地面に落ちた
  • 3つ目:本も地面に落ちた

なるほど、そういうことか! つまり…

共通点から導かれる結論

全てのものは地面に吸い寄せられている、地球には引力がある!

このように、複数の観測された事象から、何かしらのルールや一般論を導き出す思考プロセスを「帰納法」と呼びます。

帰納法による推論の例②

ただし、帰納法には弱点があります。次の例を見てみましょう。

あなたは海で泳いでいた生き物を、網を使って3匹捕まえました。それを観察してみたところ、次のような発見がありました。

観測された事象

  • 1匹目:サンマにはエラがついていた
  • 2匹目:アジにはエラがついていた
  • 3匹目:イワシにもエラがついていた

なるほど、そういうことか! つまり…

共通点から導かれる結論

海に住んでいる生き物はエラ呼吸をしている!

もうおわかりですね。

確かに海にいる生き物はエラ呼吸をしている「魚類」が多いですが、イルカやクジラは「哺乳類」でエラはありません。

帰納法の弱点は、出された結論が間違っている可能性があることです。

例から学ぶ演繹法

演繹法は…一般論や法則を、個別の事象に当てはめ、結論を導く手法です

フランスの哲学者であるルネ=デカルト(1596~1650)が発展させた論理的思考法と言われています。

基本的に、演繹法と帰納法とは思考の順番が違うだけです。また例を見ていきましょう。

演繹法による推論の例①

前提

地球には引力があり、全ての「もの」は地面に落ちる
これは現代では疑いようのない常識であり、絶対の法則である

個別の事象

りんごは「もの」である

なるほど、そういうことか! つまり…

導かれる結論

りんごは地面に落ちる!

帰納法と順番が変わりましたね。

演繹法は、すでに絶対的な法則から結論を導くので、複数の観察対象は必要ありません。

演繹法による推論の例②

次に帰納法では間違った結論が出てしまった例も見てみましょう。

前提

全ての魚類は、エラ呼吸をしている

個別の事象

アジは魚類の一種である

なるほど、そういうことか! つまり…

導かれる結論

アジはエラ呼吸をしている!

もうお分かりですね。演繹法は、100%間違えないロジックになるのです。

ただし、前提が間違っていたら全ての論理が崩壊してしまうことに注意です。

演繹法は次の3ステップのロジックになることから、演繹法を「3段論法」とも言います。

  1. まず絶対的な法則がある
  2. その法則に個別の事象を当てはめる
  3. 当然のごとく導き出される結論を述べる

 

演繹法をビジネスシーンで使う方法

順番が前後しますが、先に演繹法の活用方法を解説します。

基本的に、演繹法で説明できることは、なるべく演繹法で済ませるのがいいです。客観的で説得力があり、かつ、たくさんの事例を探す必要がないのでダンゼン楽です

型にはめて説明する格好になるので、活用しやすいのも演繹法の特徴です。実際のビジネスのシーンだと、以下のような例が使えます。

演繹法活用シーン①:公的認証・資格を使う

演繹法を営業に使うシーン:
あなたが、IT商材を販売している営業だとします。

  • 前提
    ISO27017は、クラウドサービス提供および利用のための情報セキュリティガイドラインです。
     
  • 個別の事象
    弊社のクラウドサービスは、ISO27017を取得しています。
     
  • 導かれる結論
    弊社のクラウドサービスは、セキュリティ対策をしており安全です!

業界標準の認証を取得していることで、一定の品質があるとアピールしている例ですね。

「資格」「学歴」もこれに当てはまります。

資格の場合

  • 前提:PMPはプロジェクトマネジメントの国際資格だ
  • 個別の事象:私はPMPを持っている
  • 導かれる結論:私は世界基準で通用するPMだ

学歴の場合

  • 前提:東京大学は頭が良い人が入る
  • 個別の事象:私は東大出身だ
  • 導かれる結論:私は頭がいい

といった具合です。

演繹法活用シーン②:業界の権威を使う

お次は広告やプロモーションの例です。上記の例に似ています。

演繹法をマーケティングに使うシーン:
あなたが、自社製品の売り出し方を検討しているマーケターだとします。

  • 前提
    東京大学の〇〇教授はアンチエイジング研究の権威です。(※テキトーな例です)
     
  • 個別の事象
    〇〇教授が当社の製品を監修しています。
     
  • 導かれる結論
    当社のアンチエイジング製品は優れています!

こちらは資格の代わりに、その業界の「権威」を使っています。

わかりやすいのはアカデミックの権威です。「〇〇教授監修!」とか「〇〇博士監修!」のような謳い文句はよく広告に使われています。

何もない製品と、後ろに何かしらの権威がついている製品なら、後者の方がイメージがいいですよね。

演繹法活用シーン③:公表された統計データを使う

続いては、社内プレゼンで使えるシーンです。

演繹法をプレゼンに使うシーン:
あなたが、新しい事業を検討している企画部門担当だったとします。

  • 前提
    政府の統計データによれば、中国ではこれから少子高齢化が本格化するそうです。
     
  • 個別の事象
    当社のサービスは高齢者向けで日本で成功しています。
     
  • 導かれる結論
    当社のサービスで中国に進出すれば成功します。

これは、政府の統計データという「公表データ」で演繹法を展開しています。

余談ですが、この例題はタイムマシン戦略に似た例ですね。

タイムマシン戦略とは、かつて孫正義氏が提唱した経営戦略です。アメリカで成功しているビジネスを遅れている日本に持ち込んで、新規ビジネスを高い確率で成功させる戦略です。

演繹法活用シーン④:フレームワークを使う

これが演繹法の最後の例です。先ほどよりちょっとテクニカルですが、より実践的です。

演繹法を経営企画で使うシーン:
あなたが、複数の事業ドメインを持つ会社の経営企画担当だったとします。

  • 前提
    PPM(Product Portfolio Management)は、経営資源の配分の優先順位を決めるためフレームワークです。
     
  • 個別の事象
    このフレームワークに当てはめると、当社の主力である人材派遣事業は「金のなる木」ですが、人材データを活かしたAI人事システムは「スター」です。
     
  • 導かれる結論
    AI人事システムに、経営資源を集中させましょう。

これは「フレームワーク」に当てはめて、経営が進むべき方向性を判断しています。

フレームワークとは、経営学者や大手コンサルティングファームが編み出したもので、ビジネスを成功させるための思考の枠組みです。

フレームワークは、(時代遅れになっていなければ)ビジネスの法則とも言えます。フレームワークに当てはめて考えた結論は信憑性があり、ロジカルで説得力があります。

ちなみに例に出したPPM(Product Portfolio Management)とは、事業を4つの事象に当てはめて、どのようにヒト・モノ・カネの経営資源を分配するかを判断するフレームワークです。

他にも、心理学経済学行動経済学といった実践的な学問の理論を使うのもアリです。

演繹法を使うときのコツ

演繹法は客観的であり、たくさんの情報を必要としないので、簡潔でわかりやすいです。そのため、演繹法はプレゼンの冒頭資料広告とは非常に相性がいいです。

ただし、演繹法を使うときには、必ず気にかけておかねばならない注意点があります。「前提の確からしさ」を担保することです。

次の例を見てどう感じるでしょうか?

演繹法が機能しないシーン:
あなたが、海外事業部の中途採用の面接官で、候補者から次のようなアピールを受けました。

  • 前提
    TOEICは英語力の国際的な基準です。
     
  • 個別の事象
    私は、TOEICで900点を取っています。
     
  • 導かれる結論
    わたしは英語スキルが堪能です。

確かに普通の人よりは英語できるだろうけど、ビジネスで英語使うとなるとどうなの?本当にできるの?という疑問がわきますね。

TOEICが高校英語の延長に机上テストに近く、実践的な英語力を測る基準ではないとみんなが思っているからです。

疑義を唱えられないためには、次の2点を意識しましょう。

疑義を唱えられないためのコツ

  • 前提にする情報の出典と確からしさを伝える
  • なるべく公的機関が出したデータを使う

演繹法の限界を知っておく

演繹法における限界とは、「ビジネスには絶対の法則はない」ということです。

いくら素晴らしい前提を積んだところで、法制度の変化や技術の進歩により、前提は変わってしまいます。全ての前提は、過去の情報から作られており、将来も変わらない保証はありません。

不確かなビジネスの世界で、説得力のある前提となる情報は普遍的なものばかりです。世界中で使い回されたフレームワークや、どこの企業でも見ている少子高齢化の推移など。

つまり、演繹法から導かれる結論でライバルと差別化するのは難しいということです。

あくまで、「このビジネスは、次にどの分野を攻めるべきか?」という大雑把な戦略レベルの決定に使います。具体的なビジネスモデルといった戦術レベルの決定は、演繹法では出てこないのです。

帰納法をビジネスシーンで使う方法

帰納法の活用方法は、演繹法では手の届かない検討を、帰納法を使って考えるということです。

演繹法で済ませられる範囲で前進できるときは、演繹法で考えていればいいのですが、どこかで必ず壁にぶち当たります。

こういうときには、実際のユーザーの声を集めて、これをサンプルデータとして解決の糸口を見つけるのです。つまり帰納法です。

例えば、次のような場合です。

  • たくさんのライバルがいる中で、営業で抜きん出るためにはどうすればいいか?
  • 机上でできる調査はもうやり尽くしている…。

営業であれば、足を使ってたくさんの顧客と話しましょう。売れたときはこういう傾向があった。失敗したときはこういう傾向があった。という観測データを積み重ねるのです。

そこから共通点を見出し、あなたの業界、もしくはあなたの会社で誰も知らない成功パターンを見つけるのです。

  • 新規事業をインバウンド向けという方向性は決めたけど、具体的なビジネスモデルが思い浮かばない…。

新規事業の企画はもっとシビアです。誰でも入手できる情報で検討する演繹法で成功するようなアイデアなら、とっくに誰かがやっているはずです。

帰納法による思考なしでは、新規事業を成功させることは不可能です。潜在ユーザーへインタビューした生の声から、誰も気づいていなかった課題やニーズを引き出したときに良いアイデアが生まれます。

帰納法を使うときのコツ

帰納法は、前提となる情報が限られた事象(インタビューした数人のユーザーなど)から得たものになるので、どうしても客観性にかけてしまいます

集めた情報が、家族や友人から得ていた場合、「身内だからポジティブな意見が出ているだけじゃないの?」と色眼鏡で見られてしまいます。集めた情報にバイアスがかかっていないことが重要です。

インタビューであれば、

  • なるべく自分と無関係な人に聞く
  • バイアスがかからないように、オープンクエスチョン(イエス/ノーや選択式ではない質問)で聞く
  • アンケートを使って、観測する事象数を増やして客観性を強化する

といった工夫が必要です。

まとめ

今回は「帰納」と「演繹」を解説しました。

いま自分はどちらを使って説明しようとしてるか、相手はどちらを使ってロジックを組んでいるか、意識してみましょう。

次の通りまとめます。

演繹法のまとめ

演繹法とは…

  • 一般論や法則を、個別の事象に当てはめ、結論を導く手法

演繹法のメリット・デメリット

演繹法のメリット

  • 論理に客観性があり、間違いが起きづらい
  • 論理がシンプルでわかりやすい
  • データを集める必要がなくて楽

演繹法のデメリット

  • ありきたりな結論になりがちで、ライバルや競合に差をつけるアイデアは出てきづらい

演繹法が向いているシーン

  • 広告
  • プレゼン資料のつかみ
  • そのほか、戦略レベルの判断

帰納法のまとめ

帰納法とは…

  • 同じような事象を複数見つけ、その共通点から結論を導く手法

帰納法のメリット・デメリット

帰納法のメリット

  • 演繹法ではたどり着けない新しい発見ができる

帰納法のデメリット

  • 論理の客観性に乏しく、間違いが起きやすい
  • データを集めるために泥臭い作業が必要

帰納法が向いているシーン

  • ライバルの同僚や競合他社に差をつけたいとき
  • 新規事業の企画
  • そのほか、戦術レベルの判断

RELATED POST