フレームワーク

【アイデア出しはこれでOK!】マンダラートとは?書き方を例で解説

いまアイデア出しに煮詰まっていませんか?

そういうときは、フレームワークを使いましょう。アイデア出しのフレームワークは色々ありますが、気に入ったものが2−3個あれば事足ります。

「マンダラート」は、非常に使いやすいフレームワークの1つです。ものの15分くらいで、思いもよらぬアイデアが浮かんでくるかもしれませんよ?

いますぐ紙とペンを用意して、マンダラートでアイデアを発散させましょう!

マンダラートは9マスを埋めるフレームワーク

マンダラート(またはマンダラチャート)とは、

3 × 3 = 9マスを使ってアイデアを発散させるフレームワークです。

ノートに「3 × 3 の 9マス」を書くだけで準備OKです。

こんな感じですね。

スマートフォンアプリでマンダラートを作ることもできますが、やっぱり紙がオススメです。

マス目の外にも書き込んだり、別々のマス目に書いたものに意外な共通点を見つけて、マスとマスを線で繋いでみたりします。というわけで、自由度が高い手書きがオススメです。

マンダラートが向いているシーン

マンダラートが威力を発揮するのは、斬新なアイデアが求められているが、凡庸なアイデアしか浮かばないときです。

そんなときにマンダラートを使うと、強制的にアイデアを発散させて、思いもよらぬところまで思考を広げてくれます。

ただし、マンダラートは、何かに答えを出すフレームワークではありません。マス目を埋めたからといって、そのまま企画が通るとは限りません。それは全く別の話です。

  1. マンダラートを使って思考を発散させ、いいアイデアのヒントを得る
  2. そのヒントから得られたアイデアの原石を加工して企画にする

という流れで、前者に使うのがマンダラートというわけです。

マンダラートの書き方を例で解説

手順①:真ん中を1マスを埋める

まず最初に、あなたが最終的に答えを出したい事柄を、真ん中のマス目に書きます。

八百屋さんを例にするとこんな感じですね。

手順②:残りの8マスを埋めていく

次に、真ん中に書いた事柄に連想される事柄を、残りの8マスに埋めていきます。

新規事業のアイデアであれば、

「その製品を使うときはどんなシーンか?」
「どういうときに困っているか」
「全く関係ない業界だけど似たような製品の特徴」

などがあげられます。

マス目に書き込む内容に特別なルールはないので、思いついたことはドンドン書いていきましょう。まずはマス目を埋めていくことが大切です。

もし、たくさん思いついたときには、欄外に書いてしまいましょう。

意外と8個はすんなり埋まらない

実際に書いていくとわかるのですが、4個くらいまではすんなり埋まり、それ以降がつまりがちです。強制的に8個書かなければならないので、無い知恵を振り絞って書くことになります

そこがマンダラートの良いところです。良いアイデアは、すでにあるアイデアの組み合わせから生まれることが多いので、投入するアイデアの数が重要です。

しょうもないことや、他のマス目をただ言い換えただけのことを書いたりするのですが、そこもまたマンダラートの良いところです。

良いアイデアは、他の人が思いつけないから良いアイデアなのです。良いアイデアを生むためには、ちょっと違う視点の書き込みがあった方が良いのです。

手順③:有力なアイデアを派生させて、さらに深掘りする

最初の8マスで良いアイデアが出切ったら、そこで終了でも構いません。

ただ最初の8マスでは、何か良いアイデアになりそうだけど、まだまだ緩いことが多いです。

そういうときは、新しい9マスを書いて、有力そうだったアイデアを真ん中に書きましょう。そのテーマで再び残りの8マスを埋めていきます。

この流れで3−4個のマンダラートを書いていけば、スタート地点では思いもよらなかったアイデアが出てきます。

ちなみに、よくあるマンダラートの紹介では、最初に埋めた8マスの全てを派生させて深掘りすると書いてありますが、それは必須ではありません。

玉石混交のアイデアの中で、あまり見込みがないものを深掘りするくらいなら、有望な方をどんどん深掘りした方がいいですからね。

自己啓発には、オープンウィンドウ64を使おう

マンダラートは、アイデア出し以外では、個人の目標を作るときにも使います。ネットで「マンダラート」または「マンダラチャート」と検索すると、こちらの使い方の方がヒット数が多いかもしれません。

目標設定するときは、9マスの四角を真ん中にして、さらに9マスの四角で取り囲んだ計81マスを使います。

この81マスのマップを、別名で「オープンウィンドウ64」とも呼びます。

オープンウィンドウ64の作成手順

  1. 1番真ん中のマス目に、あなたが目指す目標を書く
  2. 1番真ん中のマス目の周りの8マスに、あなたの目標達成に欠かせない8大要素を書く
  3. その8大要素を、さらに周りの9マスの真ん中に転記する
  4. それぞれの8大要素の周りのマス目にも、それぞれ達成に必要な要素を書く

書き上げたときには、あなたの目標達成に必要な64要素(白いマス目)が浮かび上がってきます。

なので「オープンウィンドウ64」と呼ばれています。

プロ野球の大谷選手の事例

プロ野球の大谷選手の作ったオープンウィンドウ64が非常に有名です。

いろんなメディアで紹介されているので、見たことある人も多いのではないでしょうか。

大谷選手の目標達成シート 出典:https://nikkan-spa.jp

大谷選手は、花巻東高校時代にこの目標を書いて実践していました。花巻東高校の佐々木洋監督の指導によるものだったということで、野球以外にも勉強熱心な方だったんだなとお見受けします。

このオープンウィンドウ64がいいのは、そのまま壁に貼れるところです。

人間の脳は、文字を見るだけでもその後の行動に影響が出るので、目標は目に見えるところに貼るとよりいっそう効果的になります。

まとめ

マンダラートは、作るのもカンタンですし、小難しいルールもないのでとっつきやすいです。

他には、マインドマップというフレームワークも同じような感覚で使えるのでオススメです。

アイデア出しのフレームワークは優れたものが何個かありますので、別途ご紹介したいと思います。

RELATED POST