自己啓発

【実は怖い話だった】ファーストペンギンとはどういう意味?悲しい言葉の由来とは?

「ファーストペンギン」という言葉を聞いたことはありますか?ファーストペンギンとは、リスクを恐れずチャレンジする人を讃える褒め言葉です。

言葉の由来は、動物のペンギンのとある恐ろしい習性にあります。聞いたら切ない気持ちでいっぱいになります…。

特に知っていたから何ということはないですが、何か拍子に話のネタになるかもしれません。

「ファーストペンギン」=「挑戦者」の意味

欧米では、リスクを恐れず新しいことに最初に挑戦する人を「ファーストペンギンと呼びます。その人のベンチャー精神を讃える褒め言葉です。

あのかわいい「ペンギン」と「挑戦」には、どのような関係があるのでしょうか?

実はペンギンのある習性に由来しているのですが、それがちょっと切ないのです…。

ファーストペンギンの由来は「アデリーペンギン」

はっきりとそう言われているわけではありませんが、ファーストペンギンは、「アデリーペンギン」という種のペンギンを指していると思われます。

アデリーペンギンとは?

  • 体長60-70cm、体重5kgほど
  • 南極大陸に生息
  • エサは、オキアミ、甲殻類、魚類など

アデリーペンギンは、多数いるペンギンの種のなかでも、寒い地域に生息する種です。そのため、クチバシの途中まで羽毛に覆われています。

ギョロッとした黒目が特徴なのですが、この顔立ちどこかで見覚えありませんか?

実は「Suica」のイメージキャラクターは、この「アデリーペンギン」なのです!

南極において、アデリーペンギンは食物連鎖の中間にいます。オキアミ、甲殻類、魚類をエサとしていると同時に、ヒョウアザラシに捕食される関係性です。

エサを食べるには海に飛び込まなければなりませんが、海に入るとヒョウアザラシに食べられてしまうリスクがあります。

アデリーペンギンは、エサを食べるために命がけで海に入らなければなりません。最初に海に飛び込む1羽は、大変なリスクを負うことになります。

そのため、人間社会のなかでも、新しいことに最初に挑戦する人のことを「ファーストペンギン」と呼ぶのです。

ファーストペンギンの由来になった恐ろしい習性

実は、最初に海に飛び込む1羽目のペンギンは、自から進んで飛び込んでいるわけではありません

よくペンギンが海に向かって列をなして、おしくらまんじゅうのように仲間を海に落としている映像を見たことはありませんか?

これは仲睦まじく遊んでいるのではなく、海のなかに天敵のアザラシがいないか確認するために、仲間の1羽を海に突き落としているのです。

その1羽が海に落ちたあと、他のペンギンたちはいっせいに海の方を凝視します。落とした1羽が無事に魚を加えて泳いでいれば、他のペンギンも海に飛び込みます。血だらけになって浮いてくれば、その場から立ち去ります。

カンタンに言えば生贄ですね…。

微妙な気持ちになる話でしたが、人間の世界では命まで取られることはそうそうないありません。是非「ファーストペンギン」を目指したいですね。

この記事は役に立ちましたか?

この記事があなたのビジネスのお役に立てれば、それ以上の喜びはありません。

なお当ブログは、管理人が趣味で運営しており、活動継続のための支援を募っています。この記事で、「儲け話を聞いたぞ!」と感じていただけた方は、そのほんの一部をご支援いただければ幸いです。

逆にお役立ちできなかった場合は、ご支援いただかないようお願いします。ご支援額は自由に設定いただけます。ご無理のない額をご指定くださいませ。

役に立ったので支援する!

*本支援プログラムは、PayPalのサービスを使用しています。PayPalは世界トップクラスの規模を誇る決済プラットフォームです。どなたでも無料でアカウント登録できます。すでにPayPalアカウントを持っている方は、改めての登録は不要です。

社会人の学びに「この2つ」は絶対外せない!

あらゆる教材の中で、コスパ最強なのが書籍。内容はセミナーやコンサルと遜色ないレベルなのに、なぜか1冊1,000円ほどしかかりません。

それでも数を読もうとすると、チリも積もればで結構な出費に。ハイペースで読んでいくなら、月1万円以上は覚悟しなければなりません…。

しかし現代はありがたいことに、月額で本読み放題のサービスがあります!

外せない❶ Kindle Unlimited

Amazonの電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」は、月額980円。本1冊分の値段で約200万冊が読み放題になります。

新刊のビジネス書が早々に読み放題になっていることも珍しくありません。個人的には、ラインナップはかなり充実していると思います。

Kindle Unlimited 公式サイト

≫【厳選】ビジネスマンがKindle Unlimitedで読むべき15冊

外せない❷ Audible

こちらもAmazonの「Audible(オーディブル)」は、耳で本を聴くサービスです。月額1,500円で約12万冊が聴き放題になります。

Audibleの最大のメリットは、手が塞がっていても耳で聴けること。通勤中や家事をしながら、子供を寝かしつけながらでも学習できます。

冊数はKindle Unlimitedより少ないものの、Kindle Unlimitedにはない良書が聴き放題になっていることも多い。有料の本もありますが、無料の本だけでも十分聴き倒せます。

Audible 公式サイト

≫【厳選】ビジネスマンがAudibleで聴くべき17冊

ちなみにわたしは両方契約しています。シーンで使い分けているのと、両者の蔵書ラインナップが被っていないためです。

どちらも30日間は無料なので、万が一読みたい本がなかった場合は解約してください(30日以内であれば、仮に何冊読んでいても無料です)。

そして読書は、早く始めた人が圧倒的に有利。本は読めば読むほど、複利のように雪だるま式に知識が蓄積されていくからです。

ガンガン読んで、ガンガン知識をつけて周りに差をつけましょう!

とりあえず両方試してみて、それぞれのラインナップをチェックするのがオススメです!

RELATED POST