完全栄養食

【食べてみた感想】ベースパスタ 簡単レシピ|ボロネーゼ×フィットチーネ編

もともとBASE BREAD(パン)を愛用していたのですが、パスタも試してみました。まずいという評判も多いようですが、どうでしょうか?

今回は、「フィットチーネ麺」とベースフードで購入した「ボロネーゼソース」にチャレンジしました。

実際に食べてみた感想を公開していきます!

BASE PASTA(ベースパスタ)とは?

出典:ベースフード公式サイトより

BASE PASTA(ベースパスタ)とは、

完全栄養食のスタートアップである「BASE FOOD(ベースフード)」が販売しているパスタタイプの完全栄養食です。

 

完全栄養食とは、

1食で1日に必要な栄養の1/3を摂取できるように計算された食品のことです。

 

2020年5月時点で、完全栄養食を扱う会社は4、5社ほどあり、ベースフード社はその中でも主要な1社に数えられます。

ベースパスタについてもっと知りたい方は、こちらもどうぞ。
【2020年版】完全栄養食ベースパスタ徹底解説|値段は?カロリーは?購入方法は?

レシピ:ベースパスタ × ボロネーゼソース

出典:ベースフード公式サイトより

今回は、麺はベースパスタ「フィットチーネ」です。

ソースは、ベースフードでパスタと一緒に購入した「ボロネーゼソース」です。

2種類あるベースフード純正ソースの一つです。(もう一つは、「ピリ辛 台湾まぜそばソース」)

調理してみる

材料はシンプルに麺とパスタソースのみです。

料理に手間をかける気がないのもありますが、ボロネーゼなら特に他の具を用意する必要もないという考えです。

お好みで粉チーズやタバスコをかければ十分でしょう。

材料
  • ベースパスタ フィットチーネ … 1食分
  • ベースフードのボロネーゼソース … 1食分
  • タバスコ … 数滴

袋から麺を出すとこんな感じになっています。栄養が詰まった雑穀パスタなので、麺の色は茶褐色です。

フィットチーネは茹で時間が2分、パスタソースの方は湯煎で3〜5分となっています。

鍋を2つ用意し、お湯を沸かして投入します。

欲を言えば、パスタソースの湯煎がちょっと面倒かなと。普段料理をちゃんとされている方からしたら「まだ楽するつもりか!」と怒られそうですが…。

・・・

そして、茹で上がった麺にソースを投入!

出来上がりです。作るのはカンタンです。

今回は妻も付き合ってくれるということで、2食作っています。

食べてみる

では、早速いただきます!

もぐもぐ…。これは、

あんまり美味しくないですねww

 

食感は、モチっと感はあまりなく、ボソッとした感じです。ただ、食感には特に嫌な感じはありません。

麺の味については、なんとも形容しがたい不思議な風味がします。ベースブレッド(パン)にも通じる風味です。パンではそこまで気にならなかったけど、これはちょっと気になりますね。

ボロネーゼソースは、いたって普通に美味しいです。ただ、本当に普通なので、市販のソースを使ってもどっちでも良さそうです。

麺との相性を考えると、麺にクセがあるので、ソースは濃い目の方が良さそうです。さらに言うなら、この麺をコーティングできるようなソースが良さそうです。

カルボナーラとかはいけそうですが、ボンゴレのようなあっさり系はこのフィットチーネには向かないように思いました。

で、結局食べられるレベルの味なの?

わたしは全くもって許容範囲です。もっとまずくて食べれないレベルの完全栄養食パスタも食べたことあったので、全然OKです。

ただ、あまり完全栄養食に興味がない妻は、半分くらい食べて、残りは(わたしに)あげると言われてしまいました。口に合わなかったみたいです。

そもそも完全食を食べる人は、何かしら目的意識があって、味が第一優先ではないと思います。そういうマインドであれば大丈夫じゃないかなと思います。

まとめ

今回のまとめです。

材料

  • ベースパスタ フィットチーネ…312円(税込)
  • ベースフードのボロネーゼソース…160円(税込)*
  • タバスコ … ちょっとだけなので値段は割愛
  • 合計:472円
    *ソースは、4食で1セットの販売。今回は1食分の価格で掲載

調理時間

  • 10分(ほとんどお湯の沸騰待ち)

食べた感想

  • 麺の独特の風味が気になる
  • 味はまだまだ改良の余地がある(今はまだあまり美味しくはない)
  • 人を選ぶ味。私は大丈夫だったが、妻は最後まで食べられなかった

 

ベースパスタのいろんな味にチャレンジしているので、他の味も知りたい方はこちらかどうぞ

ベースパスタ いろんなレシピにチャレンジ

RELATED POST